トップページ  >> 実験系廃棄物の回収・処理 >> 廃試薬容器の回収・処理

廃試薬容器の回収・処理

 

 廃試薬容器は、リサイクル処理を目的として、他の実験系固形廃棄物とは別に回収・処理を行います。

1.廃試薬容器の分類

廃試薬容器は、容器の材質および容量によって、以下のように分類して下さい。

ガラス容器
500 mlを超えるもの
500 ml以下
100 ml以下
50 ml以下
25 ml以下
プラスチック容器
500 mlを超えるもの
500 ml以下

100 ml以下
50 ml以下
25 ml以下
金属容器
一斗缶
ペール缶
その他
その他  

2.廃試薬容器の回収方法

・回収日
5月18日、7月13日、10月12日、12月14日、3月8日 (カレンダーはこちら

・回収場所 時間
東山地区:鏡が池横回収場 9:30~13:00
鶴舞地区:医学部施設管理掛(内線2810)にお問い合わせください。
大幸地区:環境安全衛生管理室にお問い合わせ下さい

・回収方法

3.名古屋大学廃試薬容器管理票

[Word版], [PDF版]

4.注意事項
5.排出方法について

回収作業マニュアル [PDF]